ペルシャ(チンチラ)に多く見られる遺伝疾患
美しい ペルシャ(チンチラ)

ペルシャ(チンチラ)にはどんな病気が多くみられるのでしょうか?

★多発性嚢胞腎

★肥大型心筋症

★毛球症

★熱中症

★口内炎

★結膜炎

★流涙症

★網膜変異性疾患

★白内障

チンチラ

多発性嚢胞腎

多発性嚢胞腎(PKD)

腎臓が、無数の嚢胞に置き換わり正常な副腎の機能が

だんだんと損なわれてゆく疾患

PKD1と呼ばれる遺伝子の変異で引き起こされる病気で

あることが判明(遺伝疾患)

遺伝子検査をすると、そのキャリアであるかどうかが、

わかるが キャリアである猫で繁殖をしないように

することが最大の課題

両親とも~遺伝子を受け継いだ子は、

生まれる前に母体内で死亡する

片親から遺伝子を受け継いだ子は、

キャリアと呼ばれ生涯発症しない場合もあるが、

いずれ発症し、腎盂炎の状態のようになることが多い。

ペルシャ、

エキゾチックショートヘア、

シャトルリューなどに多い。

ジフェニールチアゾール、ノルジヒドログアヤレット酸、

ジ・フェニルアミン。トリクロロフェノキシ酢酸などの接触、

摂取が危険因子と考えられる。

ペルシャ チンチラ

肥大型心筋症

猫の肥大型心筋症は、心筋が厚くなることで心臓の内側が

狭くなり、送り出す血液の量が減ってしまい全身に

新しい酸素がいきわたらないために猫ちゃんが苦しむことに

なります。

初期は、無症状であることが多いのですが、

次第に食欲の低下、活動量の低下が、見られるようになります。

進んでくると心拍数や呼吸数の増加がみられ、

失神することも出てきたりします。

先ず遺伝疾患ですので、できるだけその遺伝子を避けた繁殖を

することが大切ですが、

悲しくもその病気の猫ちゃんを迎えてしまった場合は、

日常的にストレスがかからないように工夫し、肥満を防ぎ、

定期健診を心がけることをお勧めします。

ペルシャ

毛球症

テキスト

ACCESS

大阪ブリーダー・Loro Piagetロロピアジェはペットとの出会いをサポートいたします

大阪ブリーダー・Loro Piagetロロピアジェでは、愛情をかけて育てた可愛い子猫たちと一緒にお客様をお待ちしています。 愛くるしい猫と一緒に暮らしたいとお考えなら、大阪ブリーダーの利用をご検討ください。
Loro Piaget写真
店舗名 Loro Piaget
住所 大阪府吹田市南清和園町30-9
電話番号 080-3130-9073
営業時間 13:00~19:00
定休日 不定休
最寄駅 阪急吹田駅 徒歩10分
動物取扱い責任者の氏名 岩瀬 典子(イワセ ノリコ)
主として取扱う動物の種類
登録年月日 平成30年08月24日
期限 平成35年08月23日
登録番号 大阪府登録第3493-1号
動物取扱い業の種別 販売
お気軽にお電話ください
080-3130-9073 080-3130-9073
13:00~19:00
大阪府吹田市南清和園町30-9

見出しテキスト見出しテキスト見出しテキスト

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。